Varealでの役割、現在の仕事内容

Works

2019年エンジニアとして入社。
1年間の開発業務を経て、現在は開発部アシスタントマネージャーに従事しています。
業務内容は、開発部計画の作成、技術営業としてお客様とのやりとり、開発グループリーダーの取りまとめはもちろんのこと、他部署を交えて会社の方針決定や会社全体の計画の策定、強固な組織づくりの草案など多岐にわたます。
その他の業務として、ベトナムの子会社が参画する社内プロジェクトのプロジェクトマネージャーとして、マーケティングから開発まで全てのフェーズに関わっています。
マネジメント業務におけるハンドリングの難しさはあるものの、自身のアクションがダイレクトに組織へ反映されるところに、面白さを感じています。

アシスタントマネージャーとして心がけていること

伝えたいこと=伝わったこと」が成立していない事を前提にコミュニケーションを取ることです。

私の立場は、組織と個人間の意思疎通を行う上で重要な役割を担っているポジションです。
私の伝達ミスは、組織全体の足並みを乱し、個人の意見を意図せず蔑ろにするリスクがあります。
これらの問題によって生じる修正コストは、1つ1つのコミュニケーションを丁寧に対応するコストよりも遥かに大きいため、伝達できたかどうかについて細心の注意を払いながら、コミュニケーションを取るよう心がけています。

Varealの技術面での良い点・改善点

- 良い点 -
受託開発がメインなので、様々な業種の案件に携わることができ、
Ruby on Rails に関連した様々な技術にチャレンジできます。また、技術力の高いメンバーが多く、大抵の技術的課題はメンバーとのコミュニケーションの中で解決できます。
- 改善点 -
会社の技術力が個人の技術力に依存することです。直近の課題としては、「ノウハウの属人化を解決するための仕組みづくり」だと考えています。

今後の技術面での目指す方向性

Direction

提案型エンジニア集団です。
エンジニアの役割は、与えられたタスクを消化することではなく、そのタスクの背景にある本質的な要求を理解し相手が求めているものを実現することです。技術面のアドバイザーの役割も担いつつ実装できるエンジニアが理想の姿だと考えています。
ロジカル、真摯なコミュニケーション、提案できる技術力」を備えたエンジニア集団を目指して行きたいです。

Message From Management

Message

Ideal Person求める人物像

求める人物像

1.主体性と柔軟性のバランスの取れた人材です。

弊社はまだまだ小規模組織であるため誰もが主役として活躍する場面があります。その時に主体的に行動しつつ、組織として自身に与えられた役割を理解し組織と調和を取りながら柔軟に対応出来る人材を求めています。

2.開発者として適正がある人材です。

採用において重要な指標として開発経験年数がありますが、それと同じぐらい開発者としての適正を重要視しています。
開発者としての適正とは、

  • (a)主体的に学習を進め成長できる力がある。
  • (b)ロジカルに物事を考え説明や提案ができる。

です。開発経験の有無に関わらず開発者としての適正を持っている人材を求めています。

アシスタントマネージャーとしてメッセージ

VarealはRuby, Railsに特化した技術者集団であり、お客様からの信頼も得ています。
この信頼は先輩社員の努力の上に成り立っています。
この歴史を尊重する心は大事です。
しかしその反面、さらに発展するためには現状を破壊する力も必要です。

(守) varealの歴史を尊重し
(破) 新たな価値観を生み出し
(離) さらなる成長を遂げる

「守破離」を共に成し遂げる事ができる仲間をお待ちしております。

最後までお読みいただきありがとうございました。